千葉県野田市の観光情報をお届けします

 
観る・遊ぶ

木間ケ瀬関根金次郎翁の碑と墓

近代将棋界の父とされる十三世名人関根金次郎(1868~1946)は、明治元年(1868)に東宝珠花で生まれ、子供の頃から将棋の才能に恵まれ「宝珠花小僧」とよばれていました。昭和10年(1935)、それまでの終生名人制にピリオドを打ち、実力名人制度にかえ近代将棋の基礎を築きました。 (まめバス「いちいのホール」・朝日バス「日枝神社」下車)
ページを探す
ジャンルで選ぶ スポットで選ぶ エリアで選ぶ